育英資金貸付事業

構成市町村の優秀な学生に対し奨学金の貸与を行う

一般財団法人南部振興会構成市町村内に引き続き1年以上本籍と住所を有し、学校教育法に定める大学及び高等専門学校に在学する者の内、学業、人物ともに優秀であり、かつ健康であって経済上の理由で学業を続けることが困難と認められる者(他の奨学金の貸与を受ける者を除く)に対し、奨学資金の貸与(無利息)を行う。

これまで本事業では、昭和39年度~昭和58年度までの間(給付型)、493名の奨学生を認定、昭和60年度~令和3年度までの間(貸与型)、227名へ奨学金の貸与を行っている。

その財源は、構成団体負担金及び育英事業管理資産とする。

応募方法

毎年2月頃に、県内大学を始め県立・私立高等学校及び構成市町村に対し、募集要項と推薦依頼(市町村長及び教育長)と合わせて市町村広報誌への掲載依頼をしており、本奨学金の貸与を受けようとする者は、お住まいの市町村へ願書を提出し、市町村において応募者の中から選考し本会へ推薦を行う。

選考方法

一般財団法人南部振興会奨学生選考委員会(正副理事長を含む7名)での選考、一般財団法人南部振興会理事会での議を経て貸与を行う。

県外大学貸与 月額5万円
県内大学貸与 月額4万円

貸与期間

奨学生に採用された時から、大学の最短修業年限の終期まで。

償還期間は、貸与が終了した月の翌日から起算して6ヶ月を経過した後、10年以内に月賦又は半年賦とし、口座振替(無利息)で償還する。